フォト
無料ブログはココログ

« 無慈悲な検索候補 | トップページ | ストリートビューで巡るゲーセン跡地(20) »

2017年1月20日 (金)

まちばなし(ピロシキ味)

文化放送開局40周年記念の作品はラジオドラマの『ガイア・ギア』ですが、それとは一切関係なく──
文化放送開局45周年作品の『どきどきONAIR』を語りましょうか。
アニラジ制作ゲームというニッチすぎてプレステ1の時期だからギリギリ許されたジャンルを、ラジオでの宣伝ラッシュと豪華予約特典で売り抜けた怪作です。

三人の女性声優(小森まなみ・丹下桜・池澤春菜)からパーソナリティを一人選び、コーナーの時間配分やらゲストの招聘やらノベルティの作成、果てには公開録音の計画まで立てることができるぱっと見それほど悪くなさそうなゲームなのですが、
早送りどころか一時停止もないのでやってみると放送パートのCUE管理が苦行でした
本来ならまったりラジオ聞くだけの暇ゲーなのに、ながら聴きが許されないだけでここまできつくなるとは……。

結構売れたのかPS/PCで続編の『どきどきONAIR2』が発売され、即ワゴンに。
そののちPC版でだけ『どきどきONAIR FINAL』を出して制作会社は消滅しました。
当時のパソコン普及率とPC用一般ゲーの棚のなさのせいでFINALは希少品ですね。

なお、豊嶋さんが明智舞衣役で出演しているゲーム内ラジオドラマ「アイドル探偵You&My」はどの作品にも5話ずつくらい収録されています。2の主題歌も歌っているので作品内ドラマの中では一番いい扱いをしてもらえてますね。
けど大阪での『BestMatch』発売イベで「明智舞衣知ってる人ー?」って聞いたときは挙手が三割弱だったという……

« 無慈悲な検索候補 | トップページ | ストリートビューで巡るゲーセン跡地(20) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無慈悲な検索候補 | トップページ | ストリートビューで巡るゲーセン跡地(20) »