フォト
無料ブログはココログ

« ストリートビューで巡るゲーセン跡地(26) | トップページ | まちばなし(月見だんご味) »

2017年2月12日 (日)

ストリートビューで巡るゲーセン跡地(27)

・店名不明(高槻市川添町)
ここまでおもちゃ屋やゲームショップもゲーセン扱いしてきましたが、基準は筐体8台以上です。
当時は駄菓子屋や文房具屋でも店先にネオジオ含めてアーケードゲームが2~4台並んでいるのがよくある風景でしたからこれ以上緩くはできない。

というわけで今回は名前を思い出せないレンタルビデオ屋。これも全国チェーン以外は駆逐された業種ですね。個人店舗でビデオカセット借りたことのある若者なんている気がしないもの。
店の奥にそこそこの台数並べていましたが、今考えるとほとんどMVS筐体(ネオジオ)だったのできっと貸与品だったのでしょう。
(※当時のネオジオはSNKの取り分7割で契約すれば無料でレンタル筐体を店に設置できました)

Max
画像ではまだ書店ですが、現在は仔猫オンリーの猫カフェとかいう闇が深そうな謳い文句の喫茶店です。
猫なんて生後10ヶ月程度で親猫ほどじゃなくても大きくなるのにどうやってるのよ……

« ストリートビューで巡るゲーセン跡地(26) | トップページ | まちばなし(月見だんご味) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ストリートビューで巡るゲーセン跡地(26) | トップページ | まちばなし(月見だんご味) »