フォト
無料ブログはココログ

音楽

2017年8月21日 (月)

甲子園にはマモノとかが棲む

高校野球は試合だけでなく吹奏楽部による演奏も見どころのひとつ。

定番曲の「タッチ」や「海のトリトン」を聞くたびに思ってしまうのですが
今の高校生は21世紀生まれも多いんだからこんな古いアニメ見てないよね。
物心ついた頃に初代プリキュアとかケロロの放送が始まったあたりの世代だものね……
などと年の差を感じていたら、時々とんでもなく古い曲を演奏するチームがあるのです。

「サスケ(1968)」「スーパージェッター(1965)」なんて正直誰が気付くの?
高校生ブラスバンドがおっさんホイホイ扱いどころかジジイしか反応できないような古いアニメOPを演奏できているこの不思議。誰か解明してくれないかしら。

2017年7月12日 (水)

もょもとの大冒険

ドラゴンクエストの11が出る頃らしいのでドラクエの話。
アニメのドラゴンクエストは『アベル伝説』と『ダイの大冒険』が両方とも強制打ち切りENDを迎えているため、余程の爆発的人気にならないともうアニメ化の企画そのものが立ちません。

再放送枠で真の最終話まで作らせてもらえたアベルはともかく、竜騎将バランを無理矢理打ち破って最終回だったダイはどうしてあそこまでしかやれなかったんでしょうね。

そのダイの大冒険、エンディング曲がDQⅡの『この道わが旅』だったのですが、
当時クソガキだった私にはあの歌詞がどうしても理解できませんでした
履き潰してきた靴の数と 同じだけの 夢たち」ってどういうことなの? って。

ネタばらしをすると、成長期の子供は靴がボロボロになる前にサイズそのものが合わなくなるから「履き潰す」経験なんてしたことがなかったんですね。まるで夢の数がゼロ扱いされているかのようで当時は正直不満でした。
うん、今考えてもやっぱり子供向けアニメの歌詞じゃないわあれw

2017年6月22日 (木)

ふるりれろー!

からだカルピスのCMソングになんだかとても聞き覚えがあって、「何のアニソンだっけこれ……?」と検索したら

『スーパースリー』(海外アニメ。日本では1967~68年に放送)の主題歌でした。
思っていたより遥かに古い番組で、なんでこれに聞き覚えがあってアニソンだと知っていたのか疑問に思ってしまうレベルです。
カルピスでアニメというとハイジから赤毛のアンまでの『世界名作劇場(前半)』の印象が強いでしょうになんでこれだったんでしょうね。

ちなみに名劇の後半はコゼット以降も含めてハウス食品。
今の世にこそ世界名作劇場をというハウスの意気込みは、三作続けて壊滅的な視聴率という無慈悲な結果に敗れ去りました。これがホントのああ無情ってやかましいわ。

2017年2月 7日 (火)

おまかせできない

MP3ファイルの整理ついでにいくつか歌詞も確かめようと思ったら、

アニメソングの歌詞ならここにおまかせ?」(サイト名)が消滅していました。

J:COM NET加入者向けWebSpaceサービスは、2017年1月31日(火)をもちましてサービスを終了致しました。

とのことなので増え続ける深夜アニメの楽曲の多さに管理人様が押しつぶされたわけではないようですが、アニメソングの歌詞を番組名検索で調べることができる便利なサイトはここくらいしかなかったのにむごい……。

(※同じJASRAC許諾済アニソンサイトである「歌詞タイム」は表示がやたら重くなるときがあって使いづらいのです)


infoseekや和geocitiesやniftyのhomepage2でわかっていたつもりでしたが、こういう流れで平然と昔からあるHPが消えていってしまうからインターネット系企業の部分的なサービス終了は油断なりませんね。おのれJASRAC!(←八つ当たり)

2017年2月 6日 (月)

抱きしめたいな…ガンダムぅ!

MP3ファイルをmicroSDカードにフォルダ分けしているときに気付きました。
「『GUNDAM EVOLVE』の主題歌ってどれが何話に使われたかネットに書いてなくない?」
販売もあったとはいえ店頭販促用の映像集だからCD情報でもそこまで詳しく書いてない罠。

というわけでいつも通り備忘録がわりにここに書き残しておきましょう。

Black Stars(東野純直) EVOLVE/6 ドレッドノートガンダム
・SOLDIER-哀しみの詩-(CHINO) EVOLVE/8 ストライクガンダム
・こんなもんじゃない!(平田祥一郎) EVOLVE/10 ZZガンダム
・TIME IS ON MY SIDE(lisa) EVOLVE/12 リックディアス
・終わらぬ未来(川上次郎) EVOLVE/13 マラサイ
・Shift(辻本祥子) EVOLVE/14 武者頑駄無

これで宇宙世紀とそれ以外の区別もしやすいですね。ではまた!